タスマニア・動物紀行

今まで獰猛な肉食獣の存在したことがないタスマニアには、数多くの原始的でユニークな動物たちが生き残っています。
哺乳類ではおなかに袋を持つ有袋目の動物たち(カンガルー、ワラビー、パデメロン、ウォンバット、タスマニアデビルなど)、そして最も原始的な哺乳類といわれる単孔目の動物たち(プラタポス、ハリモグラ)。 鳥類では数え切れないぐらいの多くの種類が存在しますが、
山間部ではハニーイーターの仲間、ウエッジテイルイーグル、ブラックコカトー、クロワーン、グリーンロゼラなど。
海岸線ではフェアリーペンギン、ペリカン、アルバトロス、パシフックガル、数多い鵜の仲間などなど。
このコーナーではそのような貴重で珍しい動物たちの幾つかを紹介していきます。 これらの魅力あふれる動物たちの登場をどうぞお楽しみに。

写真をクリックしてください、拡大されます。



タスマニアデビル

フェアリーペンギン

ウォンバット

タスマニア動物紀行第1回:    小さなダイビングの天才   フェアリーペンギン

タスマニア動物紀行第2回:    コアラと同じDNA???       ウォンバット


このコーナーへのご意見・お問い合わせは tasinfo@ajpr.com.au までどうぞ。

 


AJPR
会社概要
よくある質問
人材募集
メインページ 

タスマニア情報
タスマニアについて
気候について
タスマニアの植物
お勧めレストラン

ご予約とご相談
計画を立てる前に
モデルプラン
ご予約の手順
現地参加の一般ツアー
現地のハイキングツアー
宿泊施設のご案内
レンタカー ガイド
フェリーのご予約
ワイン通販
プランフォーム