タスマニア再発見

豪州国内で毎月発行されている日豪プレス紙と同時掲載でお送りする新特集
当社代表の千々岩 健一郎が同紙に連載する新しいコラムです。
タスマニアの魅力を新しい切り口で紹介するこのコーナーをどうぞお楽しみください。

第21回日豪プレス 2010年5月号掲載 キング島の「雲のジュース」

「雲のジュース」とは何ぞや? 「Cloud Juice」とはまさしく、タスマニアで販売されている瓶詰めの雨水の名前です。産地は、タスマニア北西部に浮かぶ島キングアイランド。この島はタスマニアと豪州本土を隔てるバス海峡のちょうど中間点に位置し、東西27km、南北64km、面積11Ha、バス海峡では最も孤立した島とされています。島の西側は広大な南氷洋に面しているので、クリーンな偏西風がほぼ年間を通じて吹き渡っている所です。
このクラウドジュースは島の南部の人気の無い草原地帯の中に施設を作り、そこで降る雨を集めてボトルに詰めたものです。ラベルを良く見ると、この中には「600ml又は7800滴のピュアな雨水が入っている」と書かれています。もちろん瓶詰めに際しては、細かいフィルターを何回も通してゴミを取り除くと共に、紫外線での殺菌を行い、加熱によって風味が損なわれないようにしています。世界一ピュアといわれるこの雨水を一度は味わってみませんか?

キングアイランドの名物はこの雨水だけではありません。世界一きれいな雨と温暖な気候がもたらす好条件によって、ここでは牧草も世界一といわれます。この美味しい草をたっぷり食べて育った牛肉がキングアイランドビーフ。豪州一といわれるタスマニアビーフの中でさらに最高の品質との定評があります。小さな島ながら、ここには輸出のライセンスを有する食肉加工場があり、牧草だけで育ったホルモンフリー、抗生物質フリーの牛肉として日本やヨーロッパに輸出をされています。
そして更にここの牧草をたっぷり食べている乳牛たちがいます。皆さんにすでにおなじみのキングアイランドデイリーのチーズ工場がここにあります。この工場で生産されているカマンベールやブリー、そしてブルーチーズなどのグルメチーズは豪州各地の品評会のみならずニューヨークでの品評会でも入賞しているのはご存知の通り。そして、もちろん海に囲まれたこの島ではロブスターやあわびなどの水産物も数多く水揚げされこの島の食材の豊かさを誇っています。

この外界から隔離された島での平安とクリーンな環境、食材の豊かさは旅行者にとっても貴重な体験でしょう。是非一度訪問の機会を作ってみてはいかが? キングアイランドには、メルボルン郊外のMoorabbin、タスマニアのDevonport及びBurnieの各空港から定期便が飛んでいます。

上の写真:左から 偏西風での風力発電、クラウドジュース600ml、雨水収集設備  
下の写真:左から 大収穫のロックロブスター、キングアイランド空港、放牧中のアンガス牛


このページのトップに戻る

 
タスマニア再発見スタート:      バックナンバーのページに戻ります


このコーナーへのご意見・お問い合わせは tasinfo@ajpr.com.au までどうぞ。



AJPR
会社概要
よくある質問
人材募集
メインページ

タスマニア情報
タスマニアについて
気候について
タスマニアの植物
お勧めレストラン

ご予約とご相談
計画を立てる前に
モデルプラン
ご予約の手順
現地参加の一般ツアー
現地のハイキングツアー
宿泊施設のご案内
レンタカー ガイド
フェリーのご予約
ワイン通販
プランフォーム