タスマニア再発見

豪州国内で毎月発行されている日豪プレス紙と同時掲載でお送りする新特集
当社代表の千々岩 健一郎が同紙に連載する新しいコラムです。
タスマニアの魅力を新しい切り口で紹介するこのコーナーをどうぞお楽しみください。

第44回日豪プレス 2012年4月号掲載 バーンブーグルと ロストファーム

ゴルフをやらない人には聞きなれない名前かもしれないが、この2つのゴルフコースはいまやタスマニアのみならず全豪そして世界のゴルファーたちが好んで訪れる場所になっている。

ここは、北の中心の町ロンセストンから車で1時間以上離れた北端ブリッドポートに隣接した場所で、数年前までは8kmに及ぶ砂丘の海岸線を持つ面積5260haの辺鄙な牧場に過ぎなかった。牧場主のRichard Sattler自身はまったくゴルフには興味のない人物だったのだが、ブリッドポート出身のある農家の息子Greg Ramsayからここにゴルフ場を造る話を持ちかけられてこの話がスタートした。 Gregは数年間をヨーロッパ、中でも有名なスコットランドのセント・アンドリュースなどに滞在している間に、このような素晴らしいリンクコースをタスマニアに造りたいという夢を抱いたのだ。 帰国してからその候補地を探し回った結果、リチャードの牧場がまさにぴったりの場所であることを発見するに至る。

最初は、そんな夢物語が実現するはずはないとまったく相手にしなかったようだが、自身でアメリカに渡り、自分のゴルフ場を造る夢を実現させた米国のアマチュアゴルファーに会って話を聞き、成功すればブリッドポート地域のローカルコミュニティの発展につながることを確信した。 計画の実現にあたり、国内のプロゴルファーを中心にした設計チームが作られ、アメリカの有名なリンクコースのデザイナーTom Doakが招聘されて、無人の砂丘の荒野を人気のゴルフコースに作り変える計画が進行していった。

かくして「Barnbougle Dunes」は、2004年の12月に正式にオープンをし、時を置かずして豪州国内のみならず世界の注目を浴びて、「世界のトップ100ゴルフコース」の49位にランクされるに至った。
牧場主リチャードの構想はこの成功にとどまらず、まもなく新しいコースの建設に取り掛かることになった。そして、201012月このバーンブーグルに隣接した海岸に新しい20ホールのコース「Lost Farm」がオープンするに至った。 ローストファームはさらに洗練されたコース設計のみならず、スパやホテル、レストランなどを有するリゾート施設としても注目され、タスマニアの他の場所でも同様の計画を推進する構想にまで発展している。

バーンブーグル、ローストファーム−この2つのゴルフコースは現在、全豪トップ100パブリックコースの第1位と第2位にランクされている。

上の写真:左から コース風景
下の写真:左から 宿泊施設、レストラン、クラブハウス


このページのトップに戻る

 
タスマニア再発見スタート:      バックナンバーのページに戻ります


このコーナーへのご意見・お問い合わせは tasinfo@ajpr.com.au までどうぞ。



AJPR
会社概要
よくある質問
人材募集
メインページ

タスマニア情報
タスマニアについて
気候について
タスマニアの植物
お勧めレストラン

ご予約とご相談
計画を立てる前に
モデルプラン
ご予約の手順
現地参加の一般ツアー
現地のハイキングツアー
宿泊施設のご案内
レンタカー ガイド
フェリーのご予約
ワイン通販
プランフォーム